小林裕美子が建築家としての
  経験から、皆様のお役に立て
  ばとお伝えするエッセイです。

  別項を読む

  NO.1 はじめに
  NO.2 家のコンセプトを明確に
  NO.3 人生に必要なものの厳選
  NO.4 プラン作りT
  NO.5 プラン作りU
  NO.6 家事楽・住楽T
  NO.7 家事楽・住楽U
  NO.9 災害の時に備えてT
  NO.10 災害の時に備えてU
  NO.11 災害の時に備えてV
  NO.12 家は環境で決まる
  NO.13 風景になる家を作る
  NO.14 新築かリニューアルかT
  NO.15 新築かリニューアルかU
  NO.16 改装時の注意
  NO.17 ああ DO IT MYSELF!
  NO.18 セカンドハウスの薦め
  NO.19 セカンドハウスの注意点
  NO.20 これからの二所帯住宅


  
  ■基本的な家のプラン

   「家事楽・住楽 V」

   今回のテーマは「導線」です。「導線」とは家の中でいろいろな仕事をするのにどう
   動くかと言うことで、それを無駄のない動きになるようにあらかじめ計画して部屋等
   を配置しましょう。
   家事の中で頻繁に行い比較的大変というと「干す」と言う動作です。特に布団干しは
   重いしかさばるし大変。だから、寝室からの最小限の移動で布団を干せるバルコニー
   やテラス、または窓などを作ることは快適な睡眠をとるためには必須です。同じ場所
   に洗濯物も干せればなお良いと思いますが、洗濯物の方が布団よりも運びやすい事
   を考えると、導線上は布団干しを優先させた方が良いでしょう。洗濯場所は当然洋服
   を脱ぐ場所、つまりバスルームに近い方が便利ですので、布団干し場所として確保し
   たこれらの場所が洗濯機から遠過ぎる場合は、これとは別に洗濯機の近くに洗濯物
   干し場所を作ることも考えましょう。

   洗濯物の場合日当たりは勿論大切
   ですが、それ以外に梅雨時や台風
   シーズン、どんよりした冬場に備えて
   室内に洗濯物を干せる場所を想定す
   ることも大切です。それも、出来るだけ
   普段生活の中で頻繁に動く場所では
   なく、生活の邪魔にならなくてしかも
   洗濯機から近い場所に確保したいも
   のです。

   同じ様に、他の家事も導線から考えて
   みましょう。例えば水場の位置もとても
   重要です。庭の散水栓は庭の中の直ぐに散水しやすい場所に設置したり、犬など
   飼っている場合は玄関近くに足を洗う場所を設置したり、キッチンやバスなどの
   水周りから遠い場所にも、掃除や洗面用の水栓を設ければ、家事を最小限の移動で
   行えて便利です。NO.6でも書きましたが、電気のスイッチやコンセントの位置も
   よく考えて設置しましょう。
   電気をどこで点けてどこで消すか?一つのスイッチでどれとどれの照明や暖房が
   点くか・・・等々考えてみましょう。あらかじめ考えるのが難しければ、これらは後で
   変更する事がとても難しいものなので、美観を損ねない程度に沢山の可能性が
   有った方が便利だと言うことを知って下さい。