小林裕美子が建築家としての
  経験から、皆様のお役に立て
  ばとお伝えするエッセイです。

  別項を読む

  NO.1 はじめに
  NO.2 家のコンセプトを明確に
  NO.3 人生に必要なものの厳選
  NO.4 プラン作りT
  NO.5 プラン作りU
  NO.6 家事楽・住楽T
  NO.7 家事楽・住楽U
  NO.8 家事楽・住楽V
  NO.10 災害の時に備えてU
  NO.11 災害の時に備えてV
  NO.12 家は環境で決まる
  NO.13 風景になる家を作る
  NO.14 新築かリニューアルかT
  NO.15 新築かリニューアルかU
  NO.16 改装時の注意
  NO.17 ああ DO IT MYSELF!
  NO.18 セカンドハウスの薦め
  NO.19 セカンドハウスの注意点
  NO.20 これからの二所帯住宅
  NO.21 個性的な家をつくろう!

                      
  ■災害の時に備えて T

   プラン作りの項では、プラニングについて日常生活の中での「もしもの時」のことを
   書きました。東北地方太平洋沖大震災を経験して、皆様も家について大分色々考え
   られたと思います。今回はこうした災害に備えて、プラニングと言うよりは家を建
   てる前提条件を考えてみましょう。
   津波に対する対策は、海のそばに住まないと言うことくらいしかありません。
   従って揺れに対しての対策を考えてみます。

   先ず考えられることは、余り上層階に住まないと言うことです。どんなに耐震構造で
   出来ている建物であっても、支点から離れれば離れるほど揺れが大きくなります。
   高層ビルの場合、一般的には最上階と真中階が一番揺れが大きいと言われて
   います。それに近い階も同様でしょう。大きな地震が起きた場合、建物自体は無事
   でも揺れによって家の中はぐちゃぐちゃ、飛んできたもので怪我をしやすい等危険が
   伴います。従ってその辺の階は出来るだけ避けることが賢明です。
   また、停電などでエレベーターが止まったり水道のポンプが止まったりは容易に
   起こり得ます。普通一般の生活では、5階までが足で上り下り出来る限界と言われて
   います。出来れば5階以下の階に住むように考えたいものです。
   また、水道も3階くらいまではポンプなしで汲み上げられます。そう考えると出来れば
   3階位まで、高くても5階位までに住めれば安全といえます。

   もう一つ、皆さんも実感としてお分かりと思いますが、単一エネルギーの住宅は
   お勧めできません。電気が止まってもガスがある。ガスが止まっても電気がある。
   これが災害の場合には最大の安心に繋がります。太陽光発電も、現時点では
   発電できない時間帯は使用できませんが、電気が止まった場合には大変有効です
   ので、設備していれば更に安心でしょう。
   更に、比較的古い建物にお住まいの方は災害の起きていない普段の生活時に、
   出来るだけ点検修理をしておくことをお勧めします。壊れかけた屋根瓦、錆が
   すごく出た外階段など、危険と思われる部位はこの際修理しておきましょう。