小林裕美子が建築家としての
  経験から、皆様のお役に立て
  ばとお伝えするエッセイです。

  別項を読む

  NO.1 はじめに
  NO.2 家のコンセプトを明確に
  NO.3 人生に必要なものの厳選
  NO.4 プラン作りT
  NO.5 プラン作りU
  NO.6 家事楽・住楽T
  NO.7 家事楽・住楽U
  NO.8 家事楽・住楽V
  NO.9 災害の時に備えてT
  NO.10 災害の時に備えてU
  NO.12 家は環境で決まる
  NO.13 風景になる家を作る
  NO.14 新築かリニューアルかT
  NO.15 新築かリニューアルかU
  NO.16 改装時の注意
  NO.17 ああ DO IT MYSELF!
  NO.18 セカンドハウスの薦め
  NO.19 セカンドハウスの注意点
  NO.20 これからの二所帯住宅
  NO.22 犬と共に暮らす家



         
  
  ■災害の時に備えてV

   次は直下型地震が起きる・・・・と言われて現在のお住まいをどうしたら良いのか、
   悩んでいる方が多いのではないでしょうか?
   ところで、世間では耐震性はどうか?免震構造の家の方が安心だ、いや制振の
   方が・・・・と言われて、ますます迷われる事と思います。
   この3種類を大雑把に言えば、耐震は揺れに対する建物の耐力を言います。
   免震は建物の基礎部分と建物を切り離す事により、地面の揺れを基礎から
   建物に直接伝えない構造の事です。制振は建物に揺れを吸収するダンパーを
   組込む事により、吸収させた分だけ揺れが少なくなる構造を言います。

   これから家を建てたり買ったりされるので有れば、地震に強く揺れの少ない
   構造の家を選べば良いのですが、既に住んでいる家に対してはどうするか本当に
   問題ですね。
   とりあえず1981年以前の古い耐震基準で建てられた建物や、2000年以前に建て
   られた木造住宅にお住まいで地震が心配な方は、耐震診断を受けて必要な
   耐震補強をされる事をお勧めします。
   各地方自治体でも耐震診断や耐震補強に補助金を出したりしています。それも
   調べてみることをお勧めします。

   補強で建物を充分強くしておいて、免振か制振かはその後の問題です。どちらも
   揺れを全く無くす訳では有りませんし、その設備の質によっても揺れの程度は
   異なりますが、ある程度揺れが少なくなる事は確かです。
   ただし、制振補強は大変ですがそれなりに可能な工事ですが、既存の家を
   免振構造にするにはかなりの費用が必要です。

   それならば新築の方が良いのではないか考える程度と思います。
   現実的に考えると先ずは耐震補強をして、余裕があれば制振補強をすることを
   考えては如何でしょうか?同時に室内の危ないものを排除して、家具の固定や、
   開き戸を引き戸に替えたりといった、簡単ですがとても大切な減災対策が先と
   思います。