小林裕美子が建築家としての
  経験から、皆様のお役に立て
  ばとお伝えするエッセイです。

  別項を読む

  NO.1 はじめに
  NO.2 家のコンセプトを明確に
  NO.3 人生に必要なものの厳選
  NO.4 プラン作りT
  NO.5 プラン作りU
  NO.6 家事楽・住楽T
  NO.7 家事楽・住楽U
  NO.8 家事楽・住楽V
  NO.9 災害の時に備えてT
  NO.10 災害の時に備えてU
  NO.11 災害の時に備えてV
  NO.12 家は環境で決まる
  NO.13 風景になる家を作る
  NO.14 新築かリニューアルかT
  NO.15 新築かリニューアルかU
  NO.17 ああ DO IT MYSELF!
  NO.18 セカンドハウスの薦め
  NO.19 セカンドハウスの注意点
  NO.20 これからの二所帯住宅
  NO.21 個性的な家をつくろう!
  NO.22 犬と共に暮らす家



     
  ■改装時の注意

 先日、10年ほど前に大手プレハブ会社の住宅を建てた知人からこんな相談をされました。
 「バスルーム廻りが大分傷んでいるので、取り替えた方が良い」と建設したプレハブ会社
 から言われたが、その価格が・・・で、とても高額だしすぐ新しくする程の必要があるとは
 思えないのだ けどどうしよう!

 でも「今なら特別にその値段で洗面台も新しくしてあげる」と言われて・・・と美味しい
 オマケが勿体無いと迷っている様子。私はその価格が高くてちょっと驚いたのですが、
 知人には「自分の感じでは急ぐ必要が無いのなら、先ず色々なショールームに行って
 自分で直接製品を見て、何処の製品が良くて値段はいくら位なのか調査してご覧なさい。
 それから、自分で選んだバスに取り替える工事を頼んだら費用がどの位になるか、
 プレハブ会社以外の工務店に見積もりを出してもらいなさい。」とアドヴァイスしました。

 知人はその会社のプレハブが特殊なものなので、多少高くても仕方ないのかと、
 一般の工務店で工事を頼めるとは思わなかったと驚いていました。
 そう言われて驚いたのは私も同じです。建設した会社しか出来ない工事なんて有りま
 せん。それに、その会社が他社よりも安いなんてことも有りません。決して安くない
 工事を頼むのに、全て他人任せではいけません。自分自身の目でしっかり商品を見て、
 その長所短所もきちんと説明を受けて、価格も自分で決めて選ぶことが大切です。

 施主たるもの、しっかり自分で選んで、本当の価格も知って、その上で納得の行く
 工務店を選ぶ位の努力はすべきです。だって人生を共にする大切な自分の住まい
 なのですから。