小林裕美子が建築家としての
  経験から、皆様のお役に立て
  ばとお伝えするエッセイです。

  別項を読む


  NO.1 はじめに
  NO.2 家のコンセプトを明確に
  NO.3 人生に必要なものの厳選
  NO.4 プラン作りT
  NO.6 家事楽・住楽T
  NO.7 家事楽・住楽U
  NO.8 家事楽・住楽V
  NO.9 災害の時に備えてT
  NO.10 災害の時に備えてU
  NO.11 家は環境で決まる
  NO.12 風景になる家を作る
  NO.13 新築かリニューアルかT
  NO.14 新築かリニューアルかU
  NO.15 災害の時に備えてV
  NO.16 改装時の注意
  NO.17 ああ DO IT MYSELF!
  NO.19 セカンドハウスの注意点
  NO.20 これからの二所帯住宅
  NO.21 個性的な家をつくろう!
  NO.22 犬と共に暮らす家



 

             
  ■セカンドハウスの薦め

  今まではこれまで通りの日常の家を作るお話をして来ましたが、あれこれ
  現実のしがらみを思うと難しい・・・という方は、ほんの少し考え方を変えて、
  理想の家はセカンドハウスで実現すると言う方法は如何でしょうか?

  この方法だと、今家にある山のような荷物を整理したり、仕事先に近い土地を
  探したり・・・という家作りの前の困難な諸々をスキップできます。
  今度は本当にセカンドハウスですので、機能的に何もかも揃っていなくても、
  部屋数が多くても少なくても、自分の欲しいスペースをバッチリ取って、他の
  スペースが狭くても構いません。本宅よりずっとシンプルに明快に人生を楽しむ家を
  作れるはずです。何もかも便利に・・・というのも良いですし、イタリア人の様に
  そこでは自然に帰って、昔の人みたいに不便を楽しんで働くのもセカンドハウス
  ならではです。

  例えば日常にやっている家事は掃除以外は絶対にしないと決めて、料理は海辺の
  魚屋さんに作ってもらったもので、お風呂は近くの素晴らしい温泉で・・・といった
  具合であれば、セカンドハウスのお風呂とキッチンは最小限で済みます。
  そうやって必要なものをどんどんクリアーにしていけば、本宅とは全く異なる50歳から
  の素敵な隠れ家が出来るはずです。

  建築家にはわがままな要望をどんどん出して下さい。そうすれば彼らは一層
  張り切るのです。