W:不況で2軒の家を売却し、ミニマム住宅に引っ越したカップルの家


  彼等はミラノとローマ其々に200u以上の住宅を持っていましたが、この不況でその
  2軒を売却し、60uのマンサルダに移り住みました。ミラノでは滅多に無い程の小住宅
  です。一人はかなり沢山の骨董品のコレクションがあり、もう一人は映画で有名女優が
  着用したドレスをコレクションしていて、二人の所持品は相当の量でした。
  出版社を経営しているので蔵書も山程。来客が多いので大きな家具も沢山あり、この
  小さな家にはとても入りません。
  その為、二人は実に思い切ってシンプルな生活に転換しました。不要なものは全て
  処分し、大切なものは会社や実家の倉庫に保管しました。家には彼等の必要不可欠
  な物と、大好きな大きな数点の絵画、そして彼等にとって大切な、沢山の友人達の為
  に客用寝室を確保しました。

  

  この家はマンサルダ(屋根裏)なので、二つの寝室の天井は斜めに下っています。
  外壁から60〜70cmの所迄は立って歩けない高さで、その部分に明り取りの天窓、
  ダブルベッド、作り付けのクローゼットを配して、デッドスペースを使い切っています。
  殆ど全ての所持品はこの寝室に収納しています。

  この生活の為に生じた不自由は、びっくりする程の忍耐力でサラッと流し切りました。
  ここに住み替える事によって彼等の人生もシンプルに割り切れた様子で、二人共以前より
  すっきりとした表情で楽しく美しく暮しています。

      別頁を見る T:一人住まいのキャリアウーマンの家
              U:二人で暮らすマンサルダ
              V:貴族の館の面影が残る小さな共同住宅
              X:子供の為に選んだジャングルのようなテラスのある家