T:家と家族の話

    −イタリア人にとって家族とは

   イタリア人の明るさ、優しさは彼らの家族関係から来ている気がします。
   イタリア人は両親(特に母)や祖父母、子供たちを本当に大切に想って、
   いつも暖かい愛情を注いでいます。たとえ離れて暮らしていても、週末
   には実家へ帰り、夏休みも一緒に過ごします。家はこの家族愛のベース
   になる大切な場所です。

   親は時々帰ってくる子供のために好物料理の他に、夏はトマトを煮て
   1年分のトマトペーストを瓶詰めにし、秋には田舎の出来たてのワインを
   ダミジャーノと言う50リットル瓶で用意し、冬は赤ピーマンを暖炉で焼いた
   オイル漬けをたっぷり作っておきます。家にはこうしたものを低めの常温で
   ストックしておく食品庫が必ずあります。イタリア料理が美味しいのは
   あふれる愛情がレシピのベースになっているからでしょう。

   −イタリア人にとって家とは PartT

   食べる事が大好きなイタリア人には
   キッチンもとても重要な場所です。
   キッチンは所謂ダイニングキッチンで
   普通の食事はキッチンで取ります。
   だからキッチンは機能的で汚れにくく、
   インテリアも美しいのです。お客様との
   食事や、お祝い事の食事はダイニン
   グルームです。

   狭い家ではリビングルームの片隅に
   ダイニングテーブルがあります。
   ダイニングルームもリビングルームも
   アートや自慢の装飾で美しくしつらえられています。そこはいつも綺麗に
   整理されていて、読みかけの新聞やビタミン剤の瓶のような日本の家には
   ありがちなごたごたは絶対にありません。ではこのごたごたは何処にある
   のでしょうか?このお話しは次回にしましょう。


   

        別頁を見る U:家と収納の話
               V:家具の話
               W:日本と違う間取りの話
               X:週末の家
               Y:ワークスペースの話